初孫の帰省に用意した食卓用【こども椅子】チェアベルトと木製ベビーチェアを考える

【こども椅子】チェアベルト(キャリフリー)

娘が孫を連れて帰ってくる!すご~く嬉しくってわくわく!1月生まれのお孫ちゃんは8か月半ばです。離乳食も始まっているので、やっぱり食卓用のベビーチェアが必要ですよね。



ということで、ベビーチェアをいろいろと探してみたところ、娘からの提案で購入したのがベルメゾンの【こども椅子】チェアベルト(キャリフリー)。

じぃじ・ばぁばとしては、ちゃ~んとしたベビーチェアを購入の予定だったのですが、娘はこの【こども椅子】チェアベルト(キャリフリー)が欲しいということで、これに決定。でもやっぱりママが提案しただけのことがあって、すご~く便利なベビーグッズでした。

【こども椅子】チェアベルト使い方は簡単!

大人の食卓の椅子の背もたれに取り付けるだけで、とっても安全に簡単に使えます。
ただし背もたれに取り付けるので、背もたれがない椅子には使用できません。

チェアベルトの裏側は、ワンタッチで取り付けられるようになっています。

【こども椅子】チェアベルトの使うシチュエーション

まずは目的の通り毎日の家での離乳食の時に大活躍。
大切なかわいい孫のために立派なベビーチェアを買いたいのはやまやまですが、でもわが家の場合は遠方の嫁いでいるので年に数回しか帰省しません。そうなると収納場所の問題とかがあるので迷っていましたが、ベルメゾンの【こども椅子】チェアベルトならコンパクトにたためるので、収納場所の問題は解決。
家でだけでなく外食時に大活躍
娘家族が帰ってきたら家での食事だけでなく、やっぱり外食も楽しみたいですね。最近ではどこのお店にもベビーチェアが用意されていますが、普段つかっていないベビーチェアだと使い勝手が悪かったり、また清潔面も気になりますよね。そんな時とってもコンパクトになってバッグにも入るので、持ち運びがラクチン!どこにでも持っていけます。
ママの膝に座らせる時もチェアベルトが大活躍。
ママのお膝に座らせる時チェアベルトで固定すると、両手が自由になるのでとっても便利!ママも食事がしやすく、赤ちゃんもお腹を押さえつけられないのでとってもラクチンです。

チェアベルトのお手入れ方法

布製なので、簡単に手洗いできるのでとっても清潔に使えます。

ベルメゾン【こども椅子】チェアベルトの仕様

●対象年齢/腰がすわってから3歳くらいまで
●約48×50cm、胴回り:最大許容サイズ約105cm、サポートベルト:最大許容サイズ約130cm
●素材/ネイビー・レッド・ブラック:ポリエステル100%、チェックピンク・ブルー×グリーン・ピンク×オレンジ・ココナッツ・ピーチ:(柄部分)綿100%、(無地部分)ポリエステル100%、カナリアドット・インディゴドット:(柄部分)綿80%、麻20%、(無地部分)ポリエステル100%
●日本製

大切な赤ちゃんに使うものだから、安心して使いたいですね。チェアベルトは日本製で、生産物賠償保険もついているほどの安心で確かな商品です。メーカーも自信を持っているから、生産物賠償保険がつけてあるんですね。


ご購入はこちらから>>>【こども椅子】チェアベルト(キャリフリー)

ベビーチェアいついて思ったこと

今回は娘の要望でもあり、チェアベルトを購入しましたが、たぶん孫は1人ではないと思うので、固定のベビーチェアは揃えたいと思っています。チェアベルトは第2のベビーチェアとして購入しておくのもおすすめですが、家具のベビーチェアも購入したいと思っています。
ベビーチェアはすごく高額なものからお手軽な価格帯のものまでいろいろあります。急なことと娘の要望もあってチェアベルトを購入しましたが、今後ゆっくりと木製のベビーチェアも検討していきたいと思います。赤ちゃんにとっては決められた自分の椅子でお食事するのも、性格形成上大切なことだと思っています。帰省してたまに来るくらいならそれほどのベビーチェアを購入する必要はないと思うのですが、やはりそこはじぃじ・ばぁば。いろいろ揃えたいというのが心情ですね。

たまにしか来ない孫のために用意するベビーチェア。でも大人まで使えるものだと普段ちょっとしたお客様の時にも使えるんじゃないかと!そう思った私は、このようなベビーチェアを見つけました。これなら家族はこのベビーチェアに座り、お客様は食卓の椅子に座っていただくと、椅子が足りないという場合にも十分対応できてよさそうです。そのうえこのトライアングルチェア カトージは送料無料・税込みで4,980円と、とってもお手頃です。

★送料無料★ トライアングルチェア カトージ Katoji ベビーチェア・お食事グッズ ハイチェア 【あす楽対応】【RCP】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る