雨上がりの夏の終わりの京都大原

夏の終わりの日曜日
大原の朝市に出かけると、
着いた途端にどしゃ降り…

でもお野菜を買っている間に
さ〜っと上がって、霞がかった大原の山が
とっても綺麗で、思わずパシャリ。
この日は降ったりやんだりの、変なお天気でした。




足元を見ると、雨のしずくをまとったツユ草がとっても素敵
ツユ草って、梅雨に咲くものだと思ってたのでとっても新鮮に感じました。
雨上がりの草花って、とってもイキイキして
元気いっぱいで、見ている方もイキイキと元気になるから不思議ですね。

sachi 大原 雨上がりのツユ草1

素朴でかわいいシジミ蝶。
なんだかとっても愛おしく感じられるのは
大原の自然のせいかしら。

sachi 大原 雨上がり

時間がある日曜日は、
京都大原の大原里の駅の朝市に早朝から出かけます。
そのあと9時になると里の駅が開店するので
朝市で買ったにもかかわらず、
まだ買うの?とオットにあきれられるくらい
たくさ~んお野菜を買います。

10時半になると、つきたてのお餅が販売されます。
大根おろし・砂糖醤油・きなこと3種類のお餅が売られますが
私はいつも大根おろし

そのあと、里の駅の裏手にある桜の径を散歩して
大原の空気を一杯吸うのが、私の一番の楽しみ。

8月の終わり、稲がもうこんなにも実ってます。

sachi 京都夏の終わりの大原3

桜の径を歩いて行くと、水のきれいな川があり
この日はサギを撮ることができました。

sachi 京都夏の終わりの大原2

凛とした立ち姿のサギを見ると
私も、ちゃんと姿勢を正して、頑張ろう!
サギを見ると、いつもそんな気持ちになるから不思議です。

私里の駅大原に来る、もう一つの理由は
ハーブ研究家のベニシア・スタンリーさんの大ファンで
友人に里の駅大原でよく見かけるという情報をもらって
一度でいいから会いたい!(2年前に講演会には行きましたが・・・)
そう思って行くのですが
友人は何度も会うというのに、
オットなんて、仕事ついでにお野菜を頼んだ時も
平日だというのに会ったことあるのに
何故か私だけ会えないんです・・・

でも友人もベニシアさんの大事ファンなんですが
サイン会に行った時も、乙女のようにドキドキしてしまって
ご主人に一緒に写真を撮ってもらったらしいのですが
ほんとうにドキドキして、お願いするのも顔が真っ赤になるくらい
恥ずかしかったそうです。
若いころのドキドキをもらったって言っていました。

私も一度でいいから会いたいんですがね~
なかなか出合えません・・・

でもこれからも里の駅大原通いは、まだまだ続けます~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る