ベルメゾン ディズニーおせち2016

ベルメゾンディズニーおせち2016
先日ベルメゾンの2016年ディズニーおせちの試食会に参加してきました。
今年も残すところあと2カ月余り。
お正月までまだ2か月もありますが、おせちの予約がぼちぼちと始まっています。
2016年ベルメゾンおせち早期予約キャンペーンの詳細

今年のディズニー和風プレミアム四段重は、京都の宇治にある
平等院表参道 竹林さんの監修の元、工場で作られたおせちです。
京都の宇治市のお茶の産地ならではの平等院表参道 竹林は
お抹茶を使った創作料理も沢山つくられているお店です。
その京都の料亭の監修の元のディズニーおせちはとっても高級感が漂うおせち。
その中にも、ディズニーのキャラクターがあちこちにちりばめられて
お重のふたのあちこちに、隠れミッキーがデザインされているので
お正月の食卓、隠れミッキー探しをしながら、子供たちも楽しめるおせちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一の重<和の祝い重>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蒲鉾(ミッキー顔形&手形)・ ロブスター旨煮 ・笹巻くるみ・ 伊達巻 ・ 黒豆煮金箔飾り ・ 海老の旨煮 ・ 数の子 ・ 本からすみ ・ 手形蒲鉾 ・ 紅鮭昆布巻・紅白なます日向夏風味 ・ たたき牛蒡 ・ 若桃甘露煮 ・ えびふくさ焼 ・ 田作り煮 ・ きんかん
ミッキーの顔型と手形のかまぼこがとっても可愛いですね。
試食の時オリーブかなと思って食べてみたのが若桃甘露煮。
ミッキーの爪楊枝に刺さっていてとっても可愛かったです。
お写真は、他のディズニーおせちに入っている物と一緒ですが
若桃甘露煮は赤い丸の部分です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他にも金箔入りの黒豆・本からすみ・数の子・ロブスターの旨煮まで入っていて
大人も子供も三世代で楽しめる高級感あふれる一の重です。

二の重<和の重>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数の子松前漬け ・ 高野豆腐(ミッキー)・ 穂付筍 ・ 栗きんとん ・ 子持ちいか ・ カニ爪 ・ 銀たら西京焼 ・ 若鶏金平巻 ・ 海老錦てまり ・ 抹茶伊達巻・子持ち昆布 ・ 穴子八幡巻 ・ 赤魚西京焼 ・ ホタテ貝照焼・ いかうにひしお和え・ 紅白餅

この中に入っている海老錦てまりは上のお写真の黄色いお料理です。
左上の卵のようなミッキーの器には数の子松前漬け、左下のミッキーの器にはいかうにひしお和え
ミッキーの高野豆腐もとっても可愛く、穂付筍・竹串に刺した紅白餅が
とってもお正月らしく、おめでたいですね。

三の重<オードブル重>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンバーグ(ミッキー) ・ ブロッコリーのバジル香味 ・ 黒糖ローストポーク ・ あんず煮 ・ 豚角煮 ・ 蛸のやわらか煮 ・ ラム肉 ・ ローズサーモン ・ 季節野菜のゼリー寄せ・ 蒲鉾(ミッキー手形)・ ローストビーフ・ くるみ飴炊き

三の重のオードブル重は子供たち・若い世代が喜びそうなものばかりが揃っています。
ローズサーモンがお重の華やかさを一層引き立てています。
やはりこちらにもミッキーがあしらわれています。
このお重のみっきーはハンバーグですね。その他ミッキーの手形のかまぼこなど
ピックもミッキーです。

四の重<スイーツ重>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

栗きんとん ・ 海鮮ミックスマリネ ・ スモークチキン ・ ローズサラミ ・ ブロッコリーのバジル香味 ・ 鳴門金時レモン煮 ・ いくら・ 漁火紅葉漬 ・ 蒲鉾(ミッキー手形) ・ 生ハムチーズ松葉 ・ 合鴨ロース ・ 練り切り(ミッキー)・ ミルクまんじゅう(ミッキー)・ 餅(ミッキー)・ 餅(ミニー)・ 紅イモきんとん・ 若桃甘

スイーツ重のなかにも、いくら・かまぼこ・生ハム・ブロッコリーなどなど
栄養バランスがとれたお重になっています。

このディズニープレミアムおせちは、三世代で楽しめるようなメニューになっているので
子供たちだけでなく、お酒を飲まれるおじいちゃま・おばあちゃま・お父様・お母様大人も楽しめる
おつまみまで充実しているので、新春の華やかで和やかなお祝のお席が頭に浮かぶようです。

ディズニー・プレミアム四段重のセット内容です。

只今ベルメゾン ディズニーおせち2016早期予約特典第一弾として
2015年10月30日(金)10:00までにご予約、そしてエントリーされると
抽選で1000名の方に2016年のお祝いの塗り箸が当たります
第一弾でエントリーされると第2弾も自動的にエントリーされます。
詳細は>>>おせち早期ご予約キャンペーン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログランキング・にほん ブログ村へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る