高級「生」食パン専門店京都本店「乃が美」はなれ

高級「生」食パン専門店「乃が美」
今ブームの高級「生」食パン、乃が美の生食パン。
とにかくモッチモチで、生でそのままちぎって食べても本当においしい「乃が美」の生食パン。たまたま近くに行く用事があり、近くに来たからには絶対に「乃が美」に行こうと決め、行ってきました。



お店は西大路通りに面した角なので、とってもわかりやすい場所にありました。
駐車場がなく、大通りに面しているので駐禁で車を止めることが出来ないので、少し北に行くとセブンイレブンがあり、旦那さんにセブンイレブンでお買い物をしてもらってその間に行ってきました。

とても清潔感がある店構えです。
中に入ると小さなカウンターにレジがあり、お写真にはありませんが左側には予約された生食パンが、「乃が美」のおしゃれな紙袋に入って、ずらりと並んでいました。

カウンターの右前には、お店のこだわりが書いてあります。

カウンターの上には、パンによく合うジャムが置いてあり、「乃が美」の店内には、生食パンとジャムと、生食パンで作られたラスクのみが売っていました。

お店についたのが4時頃だったので、もしかしたら売り切れてるかもと思いましたが、2斤の食パンがまだ残っていたので買って帰りました。
わが家はほとんど主人と2人なので1本2斤分の食パンは正直多すぎるのですが、でもブームの食パンというとやっぱりほしいですよね~
だから1本の生食パンを買って帰りました。
おしゃれな「乃が美」の紙袋になかには、「乃が美」のこだわりが書いたパンフが入っていました。

「乃が美」のこだわり

① たまごは使用しておりません。
② 最高級カナダ産100%の小麦を使用しております。
③ 焼かずに美味しく食べていただける「生」の食パン作りにこだわり、職人がひとつにとつ丁寧に焼き上げました。

お店の人に何故「生食パン」なのか聞いてみた

何故「生食パン」なのかが、すご~く気になっていたので、一度買ってみたかったというのが私の本音。でも実際見てみると、生じゃなくってちゃんと焼いてあるんですよね。あたりまえですが。でもあえて何故「生」なの?ということがすご~く疑問だったんです。上のパンフレットを見る前に、お店の人に「なぜ生食パンっていうんですか?」とおばさん丸出しで聞いてみました。きっと若い子は聞けないでしょうね(笑) そしたら上に書いてあるように「生で食べても美味しく食べられるので、生食パンというんですよ」と教えていただきました。
「生食パン」の名前は、「生で食べても美味しい食パン」という意味でした。

管理人が思う、本当に美味しい食パンとは

本当に美味しい食パンというのは、やっぱり材料にもこだわり、流れ作業じゃなく一つ一つ熟練した職人さんの手作りのパンだと思います。大手のパンメーカーのような、機械で流れ作業で作られた食パンももちろん美味しいのですが、やっぱり手作りが美味しいですね。食パンを焼かずに食べた時、食パン独特の香りが鼻につきますが、「乃が美」の生食パンを焼かずに食べてみましたが、その独特の香りは全くなく、そのまま食べたり、焼かずにジャムだけをつけて食べてもとっても美味しかったです。

京都本店の「乃が美 はなれ」は、JR西大路駅の北の方角にあります。
住所   〒600-8863 京都府京都市下京区七条御所ノ内本町88−1
TEL    075-874-5477
営業時間 11:00~18:00(完売次第終了)
定休日  月曜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る