仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門さんの和栗のカップケーキに舌包み♪

素材にとことんこだわった仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門さんの和栗のケーキを
お中元に送らせていただいたので、同じ素材で作ったという
和栗のカップケーキを、お味見に1個だけ購入してみました。
ケチのようですが1個だけ・・・
お中元高くついたので、1個だけ。
だって1個450円もするんだも~ん(笑)
2個買ったら約1000円になっちゃう・・・




パッケージを開けてお皿においてみる。
う~ん高級感漂う気がする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素材にこだわった高級和栗のカップケーキは
パッケージを開けて横から見てみると
大切に、大切に2重にガードされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏返して見てみると、こ~んなに沢山和栗が詰まってる?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

期待して半分に切ってみると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ~焼くときに下に沈むのね。
まあ、お菓子を焼く私には納得(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切り口は少し粗くなりましたが、
これはわが家の切れないナイフのせいです。
素材にこだわっているという噂の通り
本当に美味しいカップケーキでした。
一人では食べてませんよ。
ちゃんと半分に切って分けました(笑)

仏蘭西焼き菓子調進所 足立音衛門さんの栗は
ほとんどが国産の物です。
栗にもこだわられていて、他にはアンデス栗 ヨーロッパ栗を使っておられます。

12,960円(税込)の【木箱包装】丹波農園の「銀寄」使用の栗のテリーヌ「天」は
国産の丹波栗、甘みが多く風味も豊かな品種「銀寄(ぎんよせ)」だけを使いうという
素材へのこだわりがすごいですね。
わが家には到底手が届かないお値段ですが、一度食べてみたい逸品ですね。

京都の本店は大正時代の建築美で、京都府の文化財となっているほどの
趣のある建物です。
和洋折衷のモダンな建物がは、西欧文化を取りいれた建築美を今に残しているということで
1997年に府の重要文化財に指定されたそうです。

その主屋を店舗として使われていて、
その他の茶室・洋館・御殿他も外観は見られるそうです。
一度見る価値ありですね!

仏蘭西焼き菓子調進所 足立音衛門公式HP>>>足立音衛門

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る