笹谷伊織 毎月限定販売どら焼き

京都の老舗和菓子を笹屋伊織さんの、毎月20日・21日・22日のみ
限定で売り出される「どら焼き」です。
笹谷伊織公式オンライン

毎月この3日間だけしか売られていないので
デパートに行っても、なかなかタイミングが合わず
ずっと気になっていましたが、購入に至りませんでした。
ところが先日、お土産で頂きました。
そのお客様も「限定に弱いんです(笑)」とおっしゃって
「限定」につられて買ってきていただいたそうです。




パッケージはこのように羊羹のようなんですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱を開けてみると、何やら巻き物のようなものが入っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして包みをあけると、今度は竹の皮に包まれています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹の皮に包まれた「どら焼き」って、いったいどんなのかしらと
そ~っとあけてみると、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すご~く変わったどら焼きでしょ。
少し切ってみると、バームクーヘンのような記事の中に餡子が入っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どら焼きと言えば、どらえもんのどら焼きを想像しますが
こんなに変わっていて、上品などら焼きは初めてです。
この笹谷伊織さんのどら焼きは、羊羹を数えるように「一棹(ひとさお)」と数えるようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外見なあまりにビックリしたので、外見のご紹介ばかりしてしまいましたが
お味は甘さを控えた上品な甘さで、記事はかなりしっとりしていて
手でつまむと手がベトベトするので、黒文字楊枝かフォークで食べることをお勧めします。

黒文字楊枝とは

黒文字楊枝は、クスノキ科の落葉低木から作られていて
高級楊枝として、和菓子を頂き時、お茶席などでよく用いられています。
最近では、和菓子を購入すると一緒に入っているときもあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る