伊勢名物赤福餅|銘々箱


赤福餅「銘々箱」

伊勢の名物と言えば赤福餅。
赤福餅と言えば、誰もが想像するパッケージがあると思いますが
今回ご紹介する赤福餅は、
同じメーカー「株式会社赤福」の赤福餅と同じですが
ご覧の通りピンクの風呂敷包みで、とてもおしゃれで可愛い赤福餅です。


風呂敷を広げてみると

そして箱を開けてみると、赤福餅の上に伊勢だよりがのっています。

伊勢便りには
伊勢・二見町の今一色(いまいっしき)のいわれなどが書かれています。
伊勢だよりのよれば、二見の今一色は「伊勢鎌」の名でしられた
かつては百軒の鍛冶屋を数えたほどの一大産地だったそうです。
今では今一色の鍛冶屋技術は途絶えましたが
手入れをして今も愛用されている人がいるそうです。

その伊勢だよりの下には
小さな2個入りの赤福の箱が3個入っていました。

一つ取り出してみると、ちょうど掌にのる大きさです。

パッケージの蓋をあけると、
お伊勢さん菓子博2017の公式キャラクターのいせわんこ
「2017年のお伊勢さん菓子博でまってるよ~」

そしていせわんこを開けるとお待ちかね
赤福がヘギの上に2つのって鎮座していました。

箱の中でヘギに乗っているので、
そのまま銘々皿にのせて、添付の黒文字を添えれば
りっぱなお客様用のお茶菓子にもなります。

「いせわんこ」が紹介している
お伊勢さん菓子博2017は
平成29年4月21日(金)~5月14日(日)まで開催されています。
株式会社赤福では、この期間限定で「白赤福」を販売されるようです。

遠い親戚が赤福におられるので
先日お土産に頂くまで、こんなに上品な「赤福」があるのを
全く知りませんでした。

株式会社 赤福さんでは、毎月「ついたちもち」という和菓子が
毎月1日に限定で販売されるそうです。
「ついたちもち」のことは、私は全く知りませんでしたが
知る人ぞ知るで、予約もさることながら1日は早朝から何百人も
県外からも来られて並ばれるそうです。

今日は2月1日ですので、きっと赤福さんは朝から大忙しなのでしょうね。
ちなみにお店で働いている娘さんは
一番大好物は、8月のあわ餅が入っている「八朔粟餅」だそうです。

毎月1日にしか販売されないという「ついたちもち」
今年は是非にGETしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする