お土産|姫路名産 玉椿


姫路名産の伊勢屋さんの玉椿を、娘の旦那様からお土産に頂きました。
伊勢屋本店HP

ピンクの包装紙で春の装いです。
昨年末から里帰り出産をしていた娘をお迎えに来られました。
来た時は1人、帰りは2人と淋しくなります。
でも出産後2か月もいさせていただいて、暖かい時間を持つことができたことに感謝です。
来られるたびに、なかなか手に入らないお菓子を持ってきていただきます。

今回頂いた姫路の玉椿本舗伊勢屋さんの玉椿は、
11代将軍・徳川家斉の娘と姫路城主酒井忠学との婚礼を祝って 
“玉椿”が作られ、姫路藩の御用菓子に用命された歴史ある銘菓です。
また昭和天皇が関西行幸の説に、兵庫県より献上された由緒ある和菓子です。


今回頂いたのは10個入りです。

包装紙を開けるとうす色の椿が印刷された熨斗がかかっています。

蓋を撮ってみると、プラスチックのカバーで保護されが玉椿が
お行儀よくならんでいます。
すぐに食べられないときは、このプラスチックのカバーごと冷凍するとよいそうです。
また少しずつ食べていくときも、プラスチックカバーは捨てずにかぶせておくと
乾燥を防いでくれるので、中の求肥が美味しく保たれるように思います。

玉椿の由来が、春らしい和紙に印刷されています。

一つ手に載せてみました。

銘々皿にのせて半分に切ると、中には求肥につつまれた上品な白小豆が入っています。

姫路名産 玉椿

伊勢屋本店HPから引用

玉椿のこだわり
しっとりとした黄身餡を薄紅色の求肥で包んで「椿の花」に見立てております。
玉椿には原料として、白小豆(しろしょうず)が使用されています。
白小豆とは・・・極限られた生産量で希少な小豆です。
「幻のあずき」白小豆は、淡い黄色味をおびた白色をしており、香り豊かな風味と上品な甘みがあり、皮が柔らかく口当りが良い食感が特徴です。

お店のHPを見て初めて知りましたが、私の苦手な白餡は白小豆で作られていて
とっても貴重な小豆だということを知りました。

私はどちらかと言うと、白餡は苦手ですが、
玉椿の餡は、黄身餡になっているので私好みでした。
黄身餡は、様々な地方の銘菓で使われていますが
こちらの伊勢屋さんの玉椿に使われている黄身餡は
とってもしっとりとしていて美味しくいただけました。
その上甘すぎずに上品な甘さで、お抹茶と一緒に頂くと
とっても美味しく、久しぶりにお茶をたてて、優雅なお茶の時間を持つことができました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする