懐かしの岡山ピーナッツとうふ

岡山県のピーナッツとうふは学生時代の楽しい思い出の中の1つ。卒業旅行で岡山県の倉敷にある親友の家に泊めてもらったときに出していただいたのがピーナッツとうふ。京都生まれ・京都育ちの私は初めてピーナッツとうふをしり、そのまったりとした美味しさに魅了されたのが、昨日のことのように思い出されます。

友人の実家は、岡山県倉敷市の倉敷美観地区にあり、近くにはアイビースクエア・大原美術館などがありとっても素敵な場所にあります。もう一度行ってみたいです。



そして話はピーナッツとうふに戻りますが、ず~っとそのおいしい思い出だけで食べることができなかったピーナッツとうふ。どこを探しても売ってないんですよ。京都・大阪のスーパーで探してみつけるピーナッツ豆腐は、沖縄のジーマーミー豆腐。岡山のピーナッツ豆腐はどこを探しても売ってません。
以前に家族でお正月旅行で日生に行った時も探しましたが、お正月でお店はどこも閉まっていてまたまたピーナッツとうふに振られました。

沖縄のジーマーミー豆腐というピーナッツ豆腐がありますが、
このジーマーミー豆腐は、生協さんでも手に入りますが岡山のピーナッツとうふだけはどこに行っても売ってないんです。
そしてジーマーミー豆腐とは味・食感が全く違って、岡山のピーナッツ豆腐はとってもなめらかで口当たりがよくピーナッツのお味も強すぎず弱すぎずで、とっても美味しいんですよ。以前に岡山のピーナッツ豆腐のイメージで沖縄のジーマーミー豆腐を食べた時は驚愕!これじゃないんです!

話はそれから○○年。子育てを終えて少し時間の余裕ができると、学生時代の友人と交流が始まりその時にいつも私が話す「ピーナッツとうふ」の思い出。そのことを覚えてくれていた倉敷の親友が、この前実家に帰省した時にお土産に買ってきてくれました。
そのピーナッツ豆腐がピーナツ豆腐(60gX2)【豆腐処おかべ】です。

倉敷から直行で「ピーナッツとうふ」を持ってきてくれた時にはもう感激でした。
夏休みに入って高速がすごく混んでいたのに、持ってきてくれたその気持ちが本当にうれしかったです。

同じピーナッツとうふでも、メーカーによって食感に若干違いがあるそうです。
いただいたピーナッツとうふは、元気一有限会社のもので、おいしくいただきました。
今の時代だからネットで探したらあるかな?と思いましたが元気一さんのピーナッツとうふは見つかりませんでした。

でも以前ネットで探していたときは、1件もヒットしなかったのですが、
今回は楽天市場で見つけましたが、違うメーカーのものでした。
次の帰省の時もお願いしたいけれど、持ってきてもらうのが大変なので取りに行こうかと(笑)
今回楽天市場で見つけた「おかべのピーナッツとうふ」を一度お取り寄せして
やっぱり元気一のがいいわ~なんて思ったら、次は家のほうに取りに行こうかと思っています。
だって友人宅は大阪。岡山から自分の家を通り越して京都に来てもらうのは、あまりにも申し訳ないです。
そんなにまでして持ってきてくれた友人に感謝です。


ピーナツ豆腐(60gX2)【豆腐処おかべ】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする