神戸フランツの神戸苺トリュフ|バレンタインだけのクールな黒の限定パッケージがおすすめ

神戸苺トリュフ
神戸魔法の壺プリンでおなじみの神戸フランツのオススメバレンタインチョコは、神戸苺トリュフ。甘酸っぱい苺とチョコの甘さが絶妙にマッチしていてすごく美味しいです!

神戸フランツの神戸苺トリュフ

神戸フランツの神戸苺トリュフを購入した先は、神戸ハーバーランドのumie店の神戸フランツです。
娘の旦那さんが、以前にもらってすごく美味しかったので、神戸に行った時には絶対に探して買いたい!と言っていたので、娘の旦那さんとわが家へのお土産に購入しました。

神戸苺トリュフ
神戸苺トリュフはしっかりとした真っ赤なパッケージに入っていて高級感そのもの。

神戸苺トリュフ
すごくしっかりしているパッケージなので、食べた後も使えそうです。

神戸苺トリュフ
パッケージを開けてみると、モンドセレクション金賞受賞のリーフレット!

神戸苺トリュフ
薄紙を開けると、中には袋に入った苺トリュフ。

フランツ神戸苺トリュフ
ホワイトチョコに囲まれて真ん中にはフリーズドライの苺がはいっています。

神戸苺トリュフ

原材料

ココアバター、全粉乳、佐藤、乾燥イチゴ、乳糖、乳化剤(大豆由来)、香料

神戸フランツをバレンタインにおすすめの理由

神戸フランツのスイーツは、5年連続モンドセレクション金賞受賞の魔法の壺プリンが入った2か月で10,000個完売の「神戸・港町の午後」など、人気のあるスイーツがたくさんあります。

TVなどで紹介されてネームバリューのある一度は食べてみたいと思うスイーツばかりが揃っているので、バレンタイン用に選んでもまちがいなく喜ばれるスイーツばかりです!


バレンタイン限定パッケージはクールなブラック

普段は真っ赤なパッケージですが、バレンタイン限定でクールなブラックのパッケージの神戸トリュフも素敵ですね。
>>>バレンタインだけのブラックBOX

フットライフコーヒー
チョコレートの記事を書いているのにアレなんですが、私は血糖値が気になっているのでフィットライフコーヒーと一緒にチョコを食べています。

フットライフコーヒー
フィットライフコーヒーの袋が神戸苺トリュフの箱にピッタリと収まるので、パッケージも気に入っています。

義理チョコと友チョコの違い

バレンタインにつきものの義理チョコは、上司・先生・同僚・同級生・後輩等の異性として気にはならないけれど、日頃お世話になっていたり仲良くしている異性に対しての日頃のお礼の気持ちでプレゼントするのが義理チョコです。

それに反して友チョコは、仲の良い同性のお友達にプレセントするチョコが友チョコです。
今や小学生から手作りの友チョコをプレゼントするという時代ですね。

神戸フランツ バレンタイン友チョコおすすめは

神戸フランツ-赤煉瓦
バレンタインの友チョコおすすめは、神戸赤煉瓦。

神戸フランツ-赤煉瓦

原材料

チョコレート、卵、砂糖、オレンジ、バター、ココア、クルミ、洋酒、小麦粉、水飴、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

神戸フランツ-赤煉瓦
箱から出すと、しっとりした小さなチョコレートケーキが2個入っています。
食べてみるとしっとりしたチョコレートって感じで、とっても美味しかったです。私のお気に入りの食べ方は、やっぱり紅茶と一緒に食べるとチョコレートケーキそのもののお味が楽しめます。スイーツと合わせるのは、スイーツのお味を邪魔しない紅茶がお気に入りです。

神戸フランツ 赤レンガが友チョコにおすすめの理由

神戸フランツ-赤煉瓦
バレンタインの友チョコは沢山いただくので、これぐらいがちょうどよいサイズかも。
ネットで購入すると3個がひと箱に収められています。それを1個ずつ配ってもよいし、私が実店舗に行ったときは1個売りされていていたので、実店舗で購入すると1個ずつ包装していただけるので、実店舗に行かれるなら個別に包装していただくのも良いかと思います。

>>>神戸赤煉瓦

スポンサーリンク

シェアする

フォローする